色留袖

紋の数によって、第一礼装または準礼装として、結婚式やさまざまな祝いのお席、パーティ、お茶会など幅広く着用します。 帯は格調高い袋帯がおすすめです。 和装小物も目的によってさまざまな取り合わせがあります。 ぞうりとバッグもフォーマル向きがよいでしょう。