振袖

振袖のご着用には、様々なモノが必要になりますが、一番のメインは、振袖そのものです。
選び方のポイントは、ご自身で見て、気に入ったデザイン・色・柄だと思います。
お気に入りの一枚を見つけることが振袖選びの第一歩。
当然、お値段も気になるところだと思います。
その上で、次の点も注意してみてください。
・生地の品質
同じ絹でも、品質には様々なものがあります。
飾ってある振袖(仕立て前のもの)の袖の中を覗いて見てください。
産地や品質保証のマークなど、色々なことが書いてあります。
・染めの品質
手染め、プリントなど、染め方の違いで、色合いや発色の具合が違ってきます。

当店では、買っていただいた方みなさんに、ご満足いただけること。
振袖や着物を好きになっていただくことを、第一に考えておりますので、品質に見合わないお値段では販売していません。
お値段、品質について、お気軽にご相談ください。
丁寧に説明させていただきます。

振袖誂え仕立て代

振袖は、仮縫いの状態になっています。
ご着用には、お客様の寸法(または指定のサイズ)に合わせて「誂え(あつらえ)仕立て」が必要です。

振袖ゆのし代

仮縫いの振袖は、いったんバラして蒸気に当てます。これを湯のしといいます。
湯のしは、皺を伸ばし生地巾を出すのが主な目的です。
湯のししてから、仕立て作業になります。

胴裏

振袖の裏地です。